2013年01月29日

《ジェネリック医薬品》

「ジェネリック医薬品」はCMでも取り上げられていますし「ジェネリック医薬品」にしますか?
と当たり前のように調剤薬局でも尋ねられるようになった馴染のある言葉になりました。

ジェネリック医薬品=安い薬と言うような認識が殆どの方にあるのではないでしょうか。
もう少し詳しく学んでいきましょう。

「ジェネリック医薬品」は別名として「後発医薬品(こうはついやくひん)」とも呼ばれます。

一般的に医薬品は、新しく開発したならすぐに特許を取ります。
その特許の期限は切れていきます。
子の機嫌か切れた後に他の製薬会社が製造、もしくは供給する医薬品が「ジェネリック医薬品」と言うことです。

特許の対象となるのは、医薬品の中の有効成分や効果効能、製造方法、用法用量など多岐にわたりますが他の製薬会社は一社の限らずという、ひとつ、ふたつと多くの会社が後発医薬品を製造し始めることになります。


日本では「ジェネリック医薬品」の普及が進んでいなかったため、皆さまが詳しく知らないのです。
しかし、日本でも「ジェネリック医薬品」という名称が浸透し始めました。

始めは恐れもあったと思いますが、今ではほとんどの方が希望されるようです。
浸透の早い欧米に追いつくのも近い将来と言えるでしょう。



ところで、医療といえば脱毛をクリニックで行う人も多いですが、やはり脱毛も安全性は重要なポイントになってきますよね。
でも、やはり金額的にはクリニックでの脱毛は価格も高めな病院が多いでしょう。

安全性もあり、効果も期待できる脱毛が家庭でできたら・・・と思い、いろいろ調べてみました。

そこで、家庭用脱毛器の安全性と効果を検証しているHPを見つけましたので、一度覗いてみてください。
ケノン

posted by sana at 10:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。